1. ホーム>
  2. ビジネス・行政>
  3. 農業>
  4. ため池関係>
  5. 防災重点ため池の公表について

ビジネス・行政

防災重点ため池の公表について

防災重点ため池とは

 防災重点ため池とは,決壊した場合の浸水区域に家屋や公共施設が存在し,人的被害を与える恐れのあるため池のことです。
平成30年7月に発生した西日本豪雨を踏まえ,農林水産省から同年11月に防災重点ため池の新たな選定基準が示され,潮来市においても川尾池が防災重点ため池として選定されました。
 これを受け,緊急時の迅速な状況把握や避難行動につなげる基礎的な情報として,ため池マップ及び浸水想定区域図を公表します。
 なお,この浸水想定区域図は,ため池が決壊した場合の浸水区域を氾濫解析ソフトを使用して図化したものです。あくまでも想定ですので,実際に決壊した場合,浸水想定区域図と実際の浸水区域が異なる可能性があります。ハザードマップを参考に,状況に応じて早めの避難ができるよう備えておきましょう。

 

防災重点ため池の概要

 【名 称】  川尾池
 【所在地】  潮来市川尾
 【管理者名】 潮来市農政課
 【貯水量】  25,600立方メートル

ため池マップ_川尾池 [PDF形式/438.34KB]
川尾池2-1(浸水深) [PDF形式/198.83KB]
川尾池2-2(歩行困難度) [PDF形式/188.96KB]
川尾池2-3(洪水到達時間) [PDF形式/189.3KB]
川尾池2-4(浸水時間) [PDF形式/190.06KB]
川尾池ハザードマップ [PDF形式/967.93KB]

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは農政課 農政Gです。

〒311-2493 茨城県潮来市辻626

電話番号:0299-63-1111(代) ファックス番号:0299-80-1100

メールでのお問い合わせはこちら
スマートフォン用ページで見る