本文へ移動する
  1. ホーム
  2. くらし・市政
  3. くらし
  4. 消防・防災
  5. AED(自動体外式除細動器)
  6. AED(自動体外式除細動器)について

くらし

AED(自動体外式除細動器)について   

~AEDは誰にでも使える救命機器です。皆さんの手で大切な命を救うことができます。~

 AED(自動体外除細動器)は、心肺停止状態の傷病者に対して、機器が自動的に解析を行い、必要に応じて電気的なショック(除細動)を与え、心臓の動きを取り戻すことを試みる医療機器で、医師知識や複雑な操作なしに一般の方でもお使いいただけるものです。

 潮来市では、安心安全なまちづくりのひとつとして、平成19年度より小中学校、保健福祉センター、図書館などの市の公共施設に設置しておりますし、民間施設にも設置するところが増えていますので、市民の皆さんも一度は見かけたことがあると思います。

 病気や事故により心臓発作を起こした方に、救急隊が到着するまでの間、いち早くAEDを使用することで、命を救える可能性が飛躍的に高まります。
万一のときに備え、使用法や設置場所を確認しておきましょう。

※心停止してから電気ショックを行うまでの時間が1分経過するごとに、生存率は7~10パーセントの割合で低下するといわれています。

※「用語解説」に表示される用語のご質問・ご要望は、ウェブリオまでお問合せください。

このページに関するお問い合わせは総務課です。

潮来市役所 本庁舎 2階 〒311-2493 茨城県潮来市辻626

TEL 0299-63-1111(代) FAX 0299-80-1100(代)
メールでのお問い合わせはこちら