本文へ移動する
  1. ホーム
  2. くらし・市政
  3. くらし
  4. 手続・登録
  5. 転入・転出・転居
  6. マイナンバーカードを利用した転入届(特例転入)

くらし

マイナンバーカードを利用した転入届(特例転入)   

マイナンバーカードを利用した転出届を行った方は、転入市区町村に転入する際、窓口にマイナンバーカードを持参し、既に登録している4桁の暗証番号の入力をすることで、転入の手続きができます。

特例転入ができる場合

前住所地で特例転出届を行っており、かつ下記届出期間内に手続きを行うこと

手続きできる期間

住み始めた日から14日以内、または転出届に記入した転出予定日から30日以内
※上記期間を過ぎてしまうと、マイナンバーカードは廃止となり、継続利用できなくなります。

届出ができる人

①本人(法定代理人・成年被後見人)
②新しい住所の同一世帯員
③任意代理人 ※委任状が必要となります。 (委任状の様式はこちらをクリック)

必要なもの(届出に来る方の本人確認書類)

A.官公庁発行の顔写真付き身分証明であれば1点 B.その他官公庁発行の身分証明(顔写真無し)であれば2点以上

運転免許証、マイナンバーカード、住民基本台帳カード、運転経歴証明書
在留カード、身体障害者手帳療育手帳、特別永住者証 等
※パスポート(住所確認ができるものを一緒に提示)

健康保険者証、生活保護受給者証、宅地建物取引主任者証
年金手帳 等

マイナンバーカードの継続利用について

本人(法定代理人・成年後見人)または新しい住所の同一世帯員の方で、暗証番号の入力ができる方は、転入届と同時にマイナンバーカードの継続利用の手続きが可能です。また任意代理人であっても、委任状があり、かつ代理人が転入時にマイナンバーカードを持参していて暗証番号を入力することができれば継続利用の手続きが可能です。
※委任状には『カードの継続利用に関すること』などマイナンバーカードの継続利用をするということが明確にわかる文言の記載が必要です。

継続利用の条件

①有効期間内のマイナンバーカードであること
②マイナンバーカードを窓口に持参し、カードの暗証番号を入力できること(「注意」参照)
③転入届を行った日から90日以内に、転入先の市区町村で継続利用の手続きを行うこと
④転入をした日から14日を経過していないこと
⑤転出予定日から30日を経過しないうちに転入処理を行ったカードであること

手続きができる人

①本人(法定代理人・成年後見人)
②新しい住所の同一世帯員
③任意代理人 ※委任状が必要

必要なもの

継続利用を希望するマイナンバーカード
※本人がマイナンバーカードを持参した場合は本人確認書類として利用できます。

☆届出に来る方の本人確認書類

A.官公庁発行の顔写真付き身分証明であれば1点 B.その他官公庁発行の身分証明(顔写真無し)であれば2点以上

運転免許証、マイナンバーカード、住民基本台帳カード、運転経歴証明書
在留カード、身体障害者手帳療育手帳、特別永住者証 等
※パスポート(住所確認ができるものを一緒に提示)

健康保険者証、生活保護受給者証、宅地建物取引主任者証
年金手帳 等

 

取扱窓口と受付時間

市役所本庁舎1階 市民課
受付時間は平日の午前9時から午後4時45分まで

注意事項

継続利用手続きを行うためには、暗証番号の入力が必要です。必ず確認のうえ手続きをしてください暗証番号を忘れてしまったり、ロックされてしまったときは、暗証番号の初期化をしたうえで再設定を行わないと継続利用の手続きができません。詳しくは転入先の市区町村でご確認ください。
同一世帯の方が手続きを行う場合、本人から手続きする方に暗証番号を伝えておく必要があります。
※公的個人認証(電子証明書)は転出により失効します。

※「用語解説」に表示される用語のご質問・ご要望は、ウェブリオまでお問合せください。

このページに関するお問い合わせは市民課です。

潮来市役所 本庁舎 1階 〒311-2493 茨城県潮来市辻626

TEL 0299-63-1111(代) FAX 0299-62-4152
メールでのお問い合わせはこちら