1. ホーム>
  2. くらし・健康>
  3. くらし・健康のお知らせ>
  4. <新型コロナウイルス感染症>検査を受けるまでの流れが変わりました

くらし・健康

<新型コロナウイルス感染症>検査を受けるまでの流れが変わりました

新型コロナウイルス感染症 検査を受けるまでの流れ(11月2日以降)


茨城県では、新型コロナウイルス感染症と季節性インフルエンザの同時流行に備え、発熱患者に対応可能な診療・検査医療機関を指定いたしました。
発熱などの感染を疑う症状がある場合、直接地域の診療所等で検査あるいは診療を受けていただけるような体制に変わりました。

発熱等の症状がある方は、まず、かかりつけ医に必ず電話などで連絡をしたうえで、マスクを着用いただくとともに指定された時間を厳守し、医療機関の指示に従って受診いただきますようお願いいたします。

かかりつけ医がない場合などについては、近隣の診療・検査医療機関をご案内いたしますので、県の受診・相談センター(029-301-3200)もしくは潮来保健所(0299-66-2114)にご相談ください。

かかりつけ医がある場合


(1)かかりつけ医に電話相談(発熱患者等に対応できない場合は、診療検査が可能な地域の診療所等を紹介)

(2)マスクを着けて指定された時間に受診

かかりつけ医がない場合


(1)下記のどちらかに電話で相談する

 茨城県の受診・相談センター:029-301-3200 (土日・祝祭日を含む 8時30分~22時)
 潮来保健所:0299-66-2114 (平日 9時から17時)

(2)紹介された、診療検査が可能な診療所へ、マスクを着けて指定された時間に受診

 

検査フロー

 

インフルエンザ流行に備えた検査プロセスの見直し

 

インフル流行に備えた検査プロセス見直し

☆詳細は茨城県ホームページをご確認ください。

新型コロナウイルス感染症についての相談・受診の目安


少なくとも以下のいずれかに該当する場合には、かかりつけ医または「受診・相談センター」にご相談ください。

●息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱等の強い症状のいずれかがある場合
●重症化しやすい方(※)で、発熱や咳などの比較的軽い風邪の症状がある場合
 (※)高齢者、糖尿病、心不全、呼吸器疾患(COPD等)等の基礎疾患のある方や透析をうけている方、免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方
●上記以外の方で発熱や咳など比較的軽い風邪の症状が続く場合

症状には個人差がありますので、強い症状と思う場合にはすぐに相談してください。解熱剤などを飲み続けなければならない方も同様です。

[妊娠している方]
妊婦の方については、念のため、重症化しやすい方と同様に、早めにかかりつけ医や受診・相談センターにご相談ください。

★妊婦の皆様へ~新型コロナウイルス感染症に関する情報~

[お子さまをお持ちの方]
小児については、小児科医による診察が望ましく、かかりつけ小児医療機関や受診・相談センターに電話などでご相談ください。

※なお、この目安は、国民のみなさまが、相談・受診する目安です。これまでどおり、検査については医師が個別に判断します。
センターでご相談の結果、新型コロナウイルス感染の疑いのある場合には、診療・検査が可能な地域の診療所等をご紹介します。
マスクを着用し、指定の時間に公共交通機関の利用を避けて受診してください。

 

厚生労働省でも新型コロナウイルスに係る電話相談窓口を開設しています


厚生労働省電話相談窓口

電話番号:0120-565653(フリーダイヤル)9時~21時 土日祝日を含む

FAX番号:03-3595-2756

 

[参考]

★新型コロナウイルス感染予防のために/厚生労働省

           

 

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせはかすみ保健福祉センター<ひまわり>です。

潮来市かすみ保健福祉センター<ひまわり> 〒311-2490 茨城県潮来市島須777

電話番号:0299-64-5240 ファックス番号:0299-80-3077

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

潮来市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る