1. ホーム>
  2. くらし・健康>
  3. 福祉>
  4. 障害者福祉>
  5. 自立支援医療における受給者証の有効期間延長について

くらし・健康

自立支援医療における受給者証の有効期間延長について

自立支援医療における受給者証の有効期間延長について

 新型コロナウイルス感染状況を考慮し、更新申請のため診断書等の取得のみを目的とした受診を回避するため、「障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律(障害者総合支援法)施行規則の一部が改正され、自立支援医療の受給者証の有効期間を1年間延長することとしました。

1.対象となる方

 自立支援医療受給者証に記載されている有効期間(期限)が令和2年3月1日から令和3年2月28日までに終了する受給者。

2.受給者証の取り扱い

 現在、お持ちの受給者証の有効期限から1年間に限り、引き続きご利用できます。

3.更新手続きの取り扱い

 まだ、更新手続きをされていない方につきましては、更新のための診断書等の書類を提出いただく必要はありません。

 なお、保険や所得区分などの変更には、お手続きが必要です。郵送による申請も可能です。ご希望の場合は、下記問い合わせまでご連絡ください。

4.医療機関の皆様へ

 上記受給者が受診した際に有効期間の切れた受給者証を提示した場合は、有効期間を1年間延長したものと読み替えてご対応お願いします。

新型コロナウイルス感染症の影響を考慮した公費負担医療の延長措置について [PDF形式/322.26KB]

関連ファイルダウンロード

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。
お持ちでない方は、左のボタンをクリックしてAdobe Readerをダウンロード(無料)してください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは社会福祉課 障害福祉Gです。

〒311-2493 茨城県潮来市辻626

電話番号:0299-63-1111(代) ファックス番号:0299-80-1410

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

潮来市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る