○潮来市参与処務規程

平成31年4月1日

訓令第2号

(目的)

第1条 潮来市参与設置条例(平成31年条例第7号)第2条の規定に基づく参与の設置に伴い,参与の事務専決及び代決に関し必要な事項を定めることを目的とする。

(専決及び代決)

第2条 次条に規定するもののほか,参与の事務専決及び代決については,潮来市事務決裁規程(平成13年訓令第2号)の関係規定を準用する。この場合において,「副市長」は「参与」に読み替えるものとする。ただし,条例第2条の規定に基づき参与が処理する事務に限る。

(参与の代決)

第3条 事務の決裁権者が参与である場合において,参与が不在であるときは主管部長が代決することができる。

附 則

(施行期日)

1 この訓令は,公表の日から施行する。

(この訓令の失効)

2 この訓令は,平成34年3月31日限り,その効力を失う。

潮来市参与処務規程

平成31年4月1日 訓令第2号

(平成31年4月1日施行)

体系情報
第3編 執行機関/第1章 市長部局/第2節 代理・代決等
沿革情報
平成31年4月1日 訓令第2号