○前川津軽河岸跡周辺整備基本計画検討委員会設置要綱

平成29年1月30日

告示第17号

(設置)

第1条 前川津軽河岸跡周辺において計画されている広場等の整備に向けて,前川津軽河岸跡周辺整備基本計画の作成に必要な検討及び協議を行うため,前川津軽河岸跡周辺整備基本計画検討委員会(以下「検討委員会」という。)を設置する。

(所掌事項)

第2条 検討委員会は,前条の目的を達成するため,次に掲げる事項について検討し,協議するものとする。

(1) 前川津軽河岸跡周辺における施設の具体的な整備内容及びその配置計画等に関する事項

(2) 前号に掲げるもののほか,検討委員会の目的を達成するために必要な事項

(委員)

第3条 検討委員会は,次に掲げる者のうちから,市長が委嘱又は任命する委員をもって組織する。

(1) 潮来市副市長

(2) 商工及び観光関係団体の代表者

(3) 前川津軽河岸跡周辺地区の代表者

(4) 潮来市まち・ひと・しごと創生有識者会議委員

(5) 前川の河川管理者

(6) その他市長が必要と認める者

2 委員の任期は,委員の委嘱又は任命の日から検討委員会の目的が達成された日までとする。

3 委員は,無報酬とする。

(委員長及び副委員長)

第4条 検討委員会に委員長及び副委員長各1人を置き,それぞれ市長が指名する。

2 委員長は,検討委員会を代表し,その会務を総理する。

3 副委員長は,委員長を補佐して検討委員会の業務を掌理し,委員長に事故があるとき又は委員長が欠けたときは,委員長の職務を代理する。

(会議)

第5条 検討委員会の会議(以下「会議」という。)は,委員長が招集する。ただし,委員の委嘱又は任命後最初に開かれる会議並びに委員長及び副委員長が欠けたときの会議は市長が招集する。

2 会議の議長は,委員長が務めるものとし,委員長が欠けたときは副委員長が務めるものとする。

3 会議は,委員の半数以上が出席しなければ,開くことができない。

4 会議の議事は,出席委員の過半数で決し,可否同数のときは,委員長の決するところによる。

5 検討委員会は,必要があると認めるときは,委員以外の者に対して,資料を提出させ,又は会議への出席を依頼し,説明等を求めることができる。

6 委員(委員長である委員を除く。)は,やむを得ない事情のため会議に出席できない場合において,代理人を選任し,その旨を委員長に届け出たときは,当該代理人にその職務を行わせることができる。

7 前各項に定めるもののほか,会議の運営に関し必要な事項は,委員長が別に定める。

(ワーキンググループ)

第6条 検討委員会に提案する事項について協議又は調整をするため,検討委員会内に前川津軽河岸跡周辺整備基本計画検討ワーキンググループ(以下「ワーキンググループ」という。)を設置する。

2 ワーキンググループの組織,運営その他必要な事項は,委員長が別に定める。

(事務局)

第7条 検討委員会の業務を処理するため,検討委員会に事務局を置く。

2 事務局は,総務部秘書政策課に置く。

3 事務局に事務局長及び事務局員を置き,委員長が定めた者をもって充てる。

4 事務局に関し必要な事項は,委員長が別に定める。

(委任)

第8条 この告示に定めるもののほか,検討委員会の事務の運営上必要な細則は,委員長が別に定める。

附 則

この告示は,公表の日から施行する。

前川津軽河岸跡周辺整備基本計画検討委員会設置要綱

平成29年1月30日 告示第17号

(平成29年1月30日施行)