○潮来市立小・中学校非常勤講師取扱要綱

平成26年6月25日

教委訓令第1号

(趣旨)

第1条 この訓令は,潮来市立小学校及び中学校(以下「小学校等」という。)に配置する非常勤講師(以下「講師」という。)の取扱いに関して必要な事項を定めるものとする。

(任用)

第2条 講師は,次の各号に掲げる事項に該当する者のうちから,潮来市教育委員会教育長(以下「教育長」という。)が任命する。

(1) 教育職員免許法(昭和24年法律第147号)に基づく教員の免許状を有する者及びこれと同等の能力とみなすことができる短大卒以上の者

(2) 教員の職務を行うのに必要な熱意と識見を持っている者

(3) 地方公務員法(昭和25年法律第261号)第16条の欠格条項に該当しない者

2 前項の講師の任用は,以下のとおりとする。

(1) 前期 4月1日から7月31日まで

(2) 後期 9月1日から翌年3月31日まで

3 志願者は,次に掲げる書類を提出するものとする。

(1) 潮来市非常勤講師志願書(様式第1号)

(2) 教員免許状を有する者については,教員免許状の写し

(3) 身体検査書(様式第2号)

(4) 誓書(様式第3号)

4 講師の発令は,人事発令通知書(様式第4号)に定めるとおりとする。

(身分)

第3条 講師は,地方公務員法第3条第3項第3号に規定する非常勤の特別職とする。

(配置校)

第4条 講師は,小学校等に配置する。

(職務)

第5条 講師は,勤務校の校長の指導監督のもと,次に掲げる職務を行う。

(1) 教科指導

(2) その他校長の指示する事項

(報酬)

第6条 講師の報酬は,勤務1時間当たり1,750円とする。

2 講師の報酬は,当該月分を翌月の10日に支給する。

(費用弁償)

第7条 講師が,通勤に要する費用については,潮来市非常勤嘱託員取扱要綱(平成18年告示第224号)第16条第2項に定めるとおりとする。

2 通勤費は,通勤の事実があった日の属する月の翌月の報酬支給日に支給する。

(勤務日等)

第8条 講師の勤務日及び当該勤務日における勤務時間は,週当たり29時間を限度として,勤務校の校長が定めるものとする。

(休憩及び休息時間)

第9条 講師の勤務日における休憩時間及び休息時間については,職員の例による。

(服務)

第10条 講師の服務は,職員の例による。

(災害補償)

第11条 講師の公務上の災害又は通勤による災害については,労働者災害補償保険法(昭和22年法律第50号)の定めるところにより補償を行うものとする。

(分限及び懲戒の手続)

第12条 講師が地方公務員法(昭和25年法律第261条)第28条及び第29条の規定に該当する場合は,任用期間の満了前において解職することができる。

2 講師の分限及び懲戒は,潮来市教育委員会が行うものとする。

(雑則)

第13条 この要綱に定めるもののほか,講師の取扱いに関し必要な事項は,教育長が別に定める。

附 則

この訓令は,平成26年4月1日から施行する。

画像画像

画像

画像

画像

潮来市立小・中学校非常勤講師取扱要綱

平成26年6月25日 教育委員会訓令第1号

(平成26年4月1日施行)