○潮来市勤勉手当成績率運用規程

平成25年6月27日

訓令第5号

(趣旨)

第1条 この訓令は,潮来市職員の給与に関する規則(昭和32年規則第4号。以下「規則」という。)第26条及び第26条の2の規定に基づき,潮来市職員(以下「職員」という。)に係る勤勉手当成績率の運用に関し,必要な事項を定めるものとする。

第2条 この訓令の対象となる職員は,規則の適用を受ける職員とする。

(勤勉手当成績率の適用区分)

第3条 職員に適用する勤勉手当成績率の区分は,勤務成績に応じて次のとおりとする。勤務成績の区分は,人事評価制度実施要綱に基づき実施された人事評価(以下「人事評価」という。)により決定された評価段階に応じた区分とする。

(1) 再任用以外の職員

勤務成績

人事評価表 評価尺度による区分

成績率

特に優秀

A

100分の95以上100分の100以下

優秀

B

100分の86以上100分の95未満

良好

C

100分の85

やや良好でない

D

100分の76以上100分の85未満

良好でない

E

100分の76未満

(2) 再任用職員

勤務成績

人事評価表 評価尺度による区分

成績率

特に優秀

A

100分の50以上100分の55以下

優秀

B

100分の41以上100分の50未満

良好

C

100分の40

やや良好でない

D

100分の31以上100分の40未満

良好でない

E

100分の31未満

(平26訓令5・平28訓令4・平28訓令15・平29訓令3・一部改正)

(人事評価適用除外職員の取扱い)

第4条 次の各号のいずれかに該当する職員の成績率は,前条の規定にかかわらず,市長が別に定める。

(1) 育児休業,休職,病気休暇等の理由で評価対象期間中の勤務日が少ないため,人事評価を行うことができないと認められる職員

(2) 前号に定める者のほか,市長が指定する職員

(懲戒処分を受けた職員の成績率)

第5条 前2条の規定にかかわらず,条例第21条第1項に規定する勤勉手当の基準日以前6箇月以内の期間(以下「勤勉手当の対象期間」という。)において,地方公務員法(昭和25年法律第261号)第29条に規定する懲戒処分を受けた職員の成績率は,次のとおりとする。ただし,重複して処分を受けた場合にあっては,成績率の割合の低いものを適用する。

(1) 再任用以外の職員

懲戒処分の種類

成績率

戒告

50/100以下

減給

41.5/100以下

停職

32.5/100以下

(2) 再任用職員

懲戒処分の種類

成績率

戒告

28/100以下

減給

23/100以下

停職

18.5/100以下

2 前項により決定された成績率は,その処分のあった日の属する勤勉手当の対象期間に係る勤勉手当に限り適用する。

(委任)

第6条 この訓令に定めるもののほか,勤勉手当の成績率の運用に関し必要な事項は,別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この訓令は,公布の日から施行し,平成25年4月1日から適用する。

(経過措置)

2 第5条に規定する成績率は,平成25年4月1日以降において懲戒処分を受けた職員から適用し,同日前に懲戒処分を受けた職員については,なお従前の例による。

附 則(平成26年12月1日訓令第5号)

この訓令は,公布の日から施行する。ただし,第2改正の規定は平成27年4月1日から施行する。

附 則(平成28年3月30日訓令第4号)

1 この訓令は,公表の日から施行する。ただし第2改正については平成28年4月1日から施行する。

2 第1改正の規定による改正後の潮来市勤勉手当成績率運用規程第3条の規定は,平成27年12月1日から適用する。

附 則(平成28年11月30日訓令第15号)

この訓令は,公表の日から施行し,平成28年12月1日から適用する。ただし,第2改正の規定は,平成29年4月1日から施行する。

附 則(平成29年3月30日訓令第3号)

この訓令は,平成29年4月1日から施行する。

潮来市勤勉手当成績率運用規程

平成25年6月27日 訓令第5号

(平成29年4月1日施行)

体系情報
第5編 与/第2章 給料・手当等
沿革情報
平成25年6月27日 訓令第5号
平成26年12月1日 訓令第5号
平成28年3月30日 訓令第4号
平成28年11月30日 訓令第15号
平成29年3月30日 訓令第3号