○潮来市介護予防ケアプラン作成嘱託員設置要綱

平成19年3月5日

告示第45号

(趣旨)

第1条 この告示は,潮来市非常勤嘱託員取扱要綱(平成18年告示第224号)(以下「取扱要綱」という。)に基づき,潮来市介護予防ケアプラン作成嘱託員(以下「嘱託員」という。)を設置することについて,必要な事項を定めるものとする。

(平23告示27・一部改正)

(業務)

第2条 嘱託員は,次の業務を担任する。

(1) 二次予防事業の対象者に対する,介護予防ケアプラン作成に関すること。

(2) 要支援認定者に対する介護予防ケアプラン作成に関すること。

(3) その他,介護予防事業に関する事務に関すること。

(平23告示27・一部改正)

(任用)

第3条 嘱託員は,次に掲げる要件を備えている者のうちから市長が任命する。

(1) 保健師

(2) 介護支援専門員

(3) 社会福祉士

(4) 地域ケア,地域保健等に関する経験のある看護師

(5) 高齢者保険福祉に関する相談業務等に3年以上従事した経験のある社会福祉主事

(雇用手続き)

第4条 嘱託員の雇用は,採用試験を実施して雇用するものとし,雇用を予定している者から徴した次にあげる書類により,市長が審査の上決定するものとする。

(1) 自筆の履歴書(提出日前6ヶ月以内に撮影した上半身脱帽の写真を貼付したもの)

(2) 当該資格証明書の写し

(3) その他市長が必要と認めるもの

(服務)

第5条 嘱託員は,次の各号に掲げる事項を遵守しなければならない。

(1) 職務を自覚し,常に誠実公正に遂行しなければならない。

(2) 職務上知り得た秘密を他に漏らしてはならない。その職を退いた後も,また同様とする。

(3) 職務の遂行に当たっては,この要綱に定めるものの他,関係法令を遵守し,かつ所属長の指示に従わなければならない。

(勤務時間等)

第6条 嘱託員の勤務時間は,週休日及び休日(潮来市の職員の勤務時間,休暇等に関する条例(平成7年条例第2号)第3条に規定する週休日及び第9条に規定する休日)を除き,午前8時30分から午後5時15分までとする。

2 市長は,嘱託員の勤務時間を1週16時間以内で設定できるものとする。

3 市長は,前項により1週16時間未満の勤務時間の短縮を命じた勤務者(以下「短時間勤務者」という。)に対しては本要綱に基づく1日あたりの勤務時間7時間45分未満の潮来市非常勤嘱託員雇用契約を締結できるものとする。

(平23告示77・一部改正)

(休暇)

第7条 年次休暇は,取扱要綱第7条の例により与える。

2 前条第3項による短時間勤務者の休暇の取扱いは,前項に規定する当該勤務日の計算については,勤務実時間8時間をもって1日とする。

3 年次休暇は,嘱託員が請求したときに与える。ただし,業務上支障があるときは他の時期に与えるものとする。

4 年次休暇は,1日又は半日とする。ただし,嘱託員の請求により1時間を単位として与えることができる。

5 前項において与えられた休暇を1日又は半日に換算する場合は,8時間をもって1日とし,4時間をもって半日とする。

(報酬)

第8条 嘱託員の報酬は,取扱要綱第11条に基づき支給するものとする。

(社会保険)

第9条 嘱託員を必要に応じ取扱要綱第17条に定める保険に加入させるものとする。

(雇用保険)

第10条 嘱託員を必要に応じ取扱要綱第18条に定める保険に加入させるものとする。

(退職)

第11条 嘱託員は,退職しようとするときは,退職する日の1月前までに市長に申し出なければならない。

(損害賠償の義務)

第12条 嘱託員は,職務の遂行にあたって故意又は過失により市に損害を与えたときは,その損害を賠償しなければならない。ただし,市長が特別の事情があると認めたときは,この限りではない。

(庶務)

第13条 嘱託員に関する庶務は,介護福祉課地域包括支援センターにおいて行う。

附 則

この要綱は,公布の日から施行し,平成19年3月2日から適用する。

附 則(平成23年1月27日告示第27号)

この告示は,公表の日から施行し,平成22年8月6日から適用する。

附 則(平成23年3月31日告示第77号)

この告示は,平成23年4月1日から施行する。

潮来市介護予防ケアプラン作成嘱託員設置要綱

平成19年3月5日 告示第45号

(平成23年4月1日施行)