○潮来市嘱託医設置規程

平成13年4月1日

訓令第5号

(設置)

第1条 市が実施する予防接種法(昭和23年法律第68号)に基づく予防接種又はその他の予防接種及び各種健康審査業務(以下「予防接種等」という。)に関し,その業務の円滑な遂行を図るため次の市嘱託医を置く。

(1) 市嘱託医

(2) 予防接種医

(3) 嘱託歯科医

(委嘱)

第2条 市長は,市内に開設する医療機関の医師及び当該医療機関に勤務する医師のうちから市嘱託医を委嘱するものとする。

(業務の範囲)

第3条 市嘱託医の業務の範囲は,次に掲げるものとする。

(1) 市が実施する予防接種法及び結核予防法(昭和26年法律第96号)に基づく予防接種及び反応検査に関すること。

(2) 乳幼児健診及び保健指導に関すること。

(3) 市が実施する予防接種等が円滑に実施されるよう医学的見地から助言し,かつ,協力すること。

(健康被害の措置)

第4条 市長は,予防接種等の実施に伴う健康被害(公務災害を除く。)が発生したときは,速やかに,潮来市予防接種等健康被害対策協議会に当該事故の処理について協議を求め,適切な対策を講ずるものとする。

(補則)

第5条 この規程に定めるもののほか,必要な事項は,別に定める。

付 則

この訓令は,平成13年4月1日から施行する。

潮来市嘱託医設置規程

平成13年4月1日 訓令第5号

(平成13年4月1日施行)

体系情報
第8編 生/第3章 生/第1節 保健衛生
沿革情報
平成13年4月1日 訓令第5号