○潮来市家庭児童相談室設置規則

平成13年4月1日

規則第39号

(設置)

第1条 福祉事務所の家庭児童福祉に関する相談指導業務を充実強化し,もって家庭における適正な児童養育その他家庭児童福祉の向上を図るため,福祉事務所に家庭児童相談室を置く。

(業務)

第2条 家庭児童相談室は,福祉事務所が行う家庭児童福祉に関する業務のうち,主として専門的技術を必要とする業務を行う。

(組織)

第3条 家庭児童相談室に次の職員を置く。

(1) 家庭児童福祉の業務に従事する社会福祉主事 1人

(2) 家庭相談員 2人

(3) 家庭児童相談室の運営に係る処務等を担当する職員 1人

2 前項の職員は,査察指導を行う所員の指揮監督を受け,その業務を行う。

(職員の資格)

第4条 家庭児童福祉の業務に従事する社会福祉主事は,事務吏員とし,社会福祉法(昭和26年法律第45号)第19条に定める社会福祉主事たる資格を有する者であって,次に掲げる条件のいずれかを充足するもののうちから任用しなければならない。

(1) 児童福祉法(昭和22年法律第164号)第11条第1項第1号から第3号までのいずれかに該当する者

(2) 児童福祉事業に2年以上従事した経験を有する者

2 家庭相談員は,人格円満で社会的信望があり,健康で,家庭児童福祉の増進に熱意を持ち,かつ,次に掲げる条件のいずれかを充足する者のうちから任用しなければならない。

(1) 学校教育法(昭和22年法律第26号)に基づく大学又は旧大学令(大正7年勅令第388号)に基づく大学において,児童福祉,社会福祉,児童学,心理学,教育学若しくは社会学を専修する学科又はこれらに相当する課程を修めて卒業した者

(2) 医師

(3) 社会福祉主事として2年以上児童福祉事業に従事した者

(4) 旧師範教育令(昭和18年勅令第109号)に基づく師範学校,高等師範学校,女子高等師範学校又は青年師範学校を卒業した者等で,特に家庭児童の福祉に関し学識経験を有するもの又は多年にわたり母子相談又は知的障害児相談業務に従事し成果を上げた者等,前3号に準ずる者であって,家庭相談員として必要な学識経験を有するもの

3 家庭相談員の任期は,2年とし,再任を妨げない。

(職員の身分及び服務)

第5条 家庭児童福祉の業務に従事する社会福祉主事及び家庭児童相談室の運営に係る庶務等を担当する職員は一般職とし,家庭相談員は,非常勤の特別職とする。

2 家庭児童福祉は,原則として週3日又は4日勤務することとし,家庭児童相談が常時行われるような服務体制をとるものとする。

(設備)

第6条 家庭児童相談室は,相談指導業務を円滑かつ適正に行うために必要な設備及び備品を設けなければならない。

(補則)

第7条 この規則に定めるもののほか,必要な事項は,別に定める。

付 則

この規則は,平成13年4月1日から施行する。

潮来市家庭児童相談室設置規則

平成13年4月1日 規則第39号

(平成13年4月1日施行)

体系情報
第8編 生/第1章 社会福祉/第1節
沿革情報
平成13年4月1日 規則第39号