1. ホーム>
  2. くらし・健康>
  3. くらし・健康のお知らせ>
  4. 麻しん(はしか)が流行しています

くらし・健康

麻しん(はしか)が流行しています

現在、沖縄県において、広い範囲で麻しんの流行が起こっています。
また、本県においても、4月に入り麻しんの患者が1名発生しております。

麻しんは発症すると特異的な治療法が無い重篤なウイルス感染症であり、
感染力が極めて強いものですが、予防接種により予防が可能です。

下記の定期接種対象者は、早めに予防接種を受けましょう。

【定期接種対象者】

●第1期定期接種対象者(1歳児)

●第2期定期接種対象者(小学校就学前1年間の幼児:今年度6歳になる者)

また、麻しんを発症すると、多数の者に感染を引き起こしてしまう可能性の高い、医療関係者、児童福祉施設等の職員、
学校等の職員等で、麻しんに未罹患であり、かつ、麻しんの予防接種を2回接種していない方は、予防接種を受けましょう。

麻しん(はしか)の症状等については 茨城県感染症情報センターホームページ をご覧ください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせはかすみ保健福祉センター<ひまわり>です。

潮来市かすみ保健福祉センター<ひまわり> 〒311-2490 茨城県潮来市島須777

電話番号:0299-64-5240 ファックス番号:0299-80-3077

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

潮来市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る