1. ホーム>
  2. くらし・健康>
  3. 生活環境>
  4. ごみ>
  5. ごみ処理施設の広域化

くらし・健康

ごみ処理施設の広域化

ごみ処理施設の広域化

 現在、鉾田市、行方市、潮来市それぞれのごみ処理施設は老朽化が進み、修繕を繰り返すとともに、処理費用は年々増え続け、各市の財政負担も大きくなっています。

そうした問題を解決するため、平成24年5月に3市で「鉾田・行方・潮来市一般廃棄物協議会」を設立し、広域で新しいごみ処理施設を建設するための業務を進めてきました。

平成28年4月からは「鹿行広域事務組合ごみ処理施設建設準備室」において、その業務を引き継ぎ、事業を推進しております。

参考資料等

ごみ処理広域化基本構想 【本編】

ごみ処理広域化基本構想 【資料編】

リンク

鹿行広域事務組合ごみ処理施設建設準備室: http://rokkou-kouiki.jp/wp/gomisyori/gomi-gaiyo

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは環境課 環境Gです。

潮来市役所 本庁舎 2階 〒311-2493 茨城県潮来市辻626

電話番号:0299-63-1111(代) (内線251~253) ファックス番号:0299-63-3591

メールでのお問い合わせはこちら
スマートフォン用ページで見る