本文へ移動する
  1. ホーム
  2. くらし・市政
  3. くらし
  4. くらしのお知らせ

くらし

くらしのお知らせ

市県民税の特別徴収(給与天引き)について(平成29年4月27日掲載)

市県民税の特別徴収とは、事業者(給与支払者)が所得税の源泉徴収と同様に、毎月従業員に支払う給与から市県民税を天引きし、従業員にかわって従業員の住所地である市町村に、6月から翌年の5月までの12回で納付していただく制度です。

所得税とは異なり、市町村が税額をお知らせしますので、事業者が自ら計算する必要はありません。

地方税法第321条の3の規定により、所得税を源泉徴収している事業者は、従業員の市県民税を特別徴収しなければならないとされています。

茨城県及び県内全市町村では、納税者間の公平性、納税者の利便性等を確保するため、平成27年度から特別徴収の実施を徹底する取り組みを行っております。事業者の皆様におかれましては、適正な特別徴収の実施にご理解・ご協力をお願いいたします。


※「用語解説」に表示される用語のご質問・ご要望は、ウェブリオまでお問合せください。

このページに関するお問い合わせは税務課 税務Gです。

潮来市役所 本庁舎 1階 〒311-2493 茨城県潮来市辻626

TEL 0299-63-1111(代) (内線132、133、134、135、136) FAX 0299-63-3636
メールでのお問い合わせはこちら