本文へ移動する
  1. ホーム
  2. くらし・市政
  3. くらし
  4. 手続・登録
  5. 国民健康保険
  6. 高齢受給者証

くらし

高齢受給者証   

国民健康保険加入者で70歳になった翌月(1日が誕生日の方は、その月)から老人医療の適用を受けるまでの間は、国民健康保険高齢受給者証の対象となります。

対象の方には、誕生日の翌月1日までに高齢受給者証(ブルー)をお送りします。
この高齢受給者証には、医療機関での自己負担割合(2割または3割)が明記されていますので、お医者さんにかかるときは、高齢受給者証と保険証の両方を提示してください。

なお、高齢受給者証をお持ちの方は、上記手続き(国保をやめるときなど)の際に必要となりますので、各手続きの「届出に必要なもの」と併せてお持ちください。

※「用語解説」に表示される用語のご質問・ご要望は、ウェブリオまでお問合せください。

このページに関するお問い合わせは市民課 保険年金Gです。

〒311-2493 茨城県潮来市辻626

TEL 0299-63-1111(代) FAX 0299-62-4152
メールでのお問い合わせはこちら