本文へ移動する
  1. ホーム
  2. くらし・市政
  3. くらし
  4. 生活環境
  5. ごみ
  6. 補助等制度

くらし

補助等制度   

生ごみ処理機器購入補助

生ごみ処理機器の購入費を予算の範囲内で一部助成します

助成内容 対象機器容量等補助額
家庭用生ごみ処理機家庭用として市販されているもの 1世帯1基のみ 購入金額の2分の1
30,000円限度
コンポスト容器 70リットル以上
1世帯2容器まで
購入金額の2分の1
1容器3,000円限度
EM処理容器 18リットル以上
1世帯2容器まで
購入金額の2分の1
1容器3,000円限度
申請時期 生ごみ処理機器を購入した年度内に申請してください
申請資格 (1)潮来市内に住民登録があり居住していて堆肥化された生ごみを自家利用できる方
(2)前に補助金の交付を受けた世帯では、補助金交付後5年を経過していること
申請者 上記資格のある世帯の世帯主
申請書 潮来市生ごみ処理機器購入設置補助金交付申請書
必要なもの (1)購入した際の領収書  ※レシートは不可とさせていただきます。また、領収書の但し書きは品代等ではなく「商品名」の明記をお願いします。
(2)生ごみ処理機器の規格・型式が記載されている保証書等の書類
(3)申請者の印鑑
(4)金融機関口座の番号等がわかるもの(通帳等)
申請方法 直接、窓口にお越しください。申請書は、ダウンロードできます。
受付窓口 環境課(茨城県潮来市辻626番地:潮来市役所本庁舎2階)
月曜日から金曜日 8:30~17:15
(土曜日、日曜日、祝日、年末年始は除く)
注意事項 なお、補助金は、予算の範囲内で行いますので、予定額に達した時点で締め切らせていただきます。※購入前に環境課までお問い合わせください。
お渡しするもの 申請後、補助金が出せるかどうか審査した後にその結果を郵送で連絡します。

 

リサイクル推進団体奨励金

ごみの発生を抑制するとともに有限な資源の有効利用を図り、市民のごみに対する認識を深めるため、市内の地域住民で組織する団体が資源物を自ら分別し回収することに対して、奨励金を交付しています。

「資源物」とは
  1. 紙類(新聞、雑誌、段ボール、牛乳パック、紙箱等)
  2. びん類(酒びん、ビールびん等)
  3. 缶類(スチール缶、アルミ缶)
  4. ペットボトルなど
「支給対象団体」

子ども会、地域女性団体、高齢者クラブその他地域住民で組織され、以下の条件を備えた団体とします。ただし、事業所等の団体は除きます。

  1. 団体構成者全員が潮来市民であること。
  2. 資源物の分別回収を団体構成者で継続的に実施することができ、おおむね10人以上の参加があること。
  3. 営利を目的としないこと。
  4. 複数の団体が事業を一緒に行った場合又は行ったと考えられる場合は、1団体扱いとします。
「奨励金の額」は

団体基本額(3,000円)+従量額(5円当たり1キログラム)を加えた額です。
合計額で100円未満が生じた場合は以下切り捨てとします。

  1. びん類等で重量測定が困難な場合は、別表に基づきみなし重量から計算します。
  2. 同一団体から複数回の申請があった場合は、2回目以降は、従量額のみの交付となります。
  3. 奨励金は、1団体につき年間30,000円を上限とします。

※「用語解説」に表示される用語のご質問・ご要望は、ウェブリオまでお問合せください。

このページに関するお問い合わせは環境課です。

潮来市役所 本庁舎  〒311-2493 茨城県潮来市辻626

TEL 0299-63-1111(代) FAX 0299-80-1100
メールでのお問い合わせはこちら