本文へ移動する
  1. ホーム
  2. くらし・市政
  3. 市政
  4. プロフィール
  5. 市の沿革(合併の経緯)
  6. 潮来町・牛堀町合併の経緯
  7. 第6回合併協議会

市政

第6回合併協議会   

第6回 合併協議会

都市計画税は、不均一課税
行政連絡機構は3年を目途に新たに定める

平成12年4月28日(金)、第6回潮来町・牛堀町合併協議会が開催、合併協定項目が協議され、都市計画税は、市町村の特例に関する法律第10条の規定により、合併する年度及びこれに続く3年度は不均一課税とすることになりました。
また、行政連絡機構(区長班長制度)については、両町の行政連絡の基盤となる自治組織に相違があることから、当面現行どおりとし、合併後3年を目途に新たな制度を制定することになりました。
新町建設計画『水郷潮来・牛堀合併まちづくり計画』については、前回の協議結果を踏まえ、子育て支援事業、福祉センター整備事業、合併の核となる事業などが計上され、また、主要事業等についてさらに協議していきます。
また、これまで懸案となっていた転作事業について、茨城県の農林担当者から、面積配分、転作率の違い、これまでの事例などについて説明がされました。また来年度から、制度そのものが変更となることから、さまざまな質問が出され、方針決定のための協議がなされました。転作事業については、次回決定となる予定です。

『合併協定項目』
○農業委員会の委員の任期及び定数の取扱い:協議中
○地方税の取扱い:決定

(1)都市計画税:都市計画税の税率は、市町村の特例に関する法律第10条の規定により、合併する年度及びこれに続く3年度は不均一課税とする。
○行政連絡機構の取扱い:決定
行政連絡の基盤となる自治組織に相違があることから、当面現行どおりとし、合併後3年を目途にあらたな制度を制定するものとする。報酬については、行政連絡機構の統合後、新たに定めるものとする。
○各種事務の取扱い
(5)介護慰労金制度:決定
潮来町の介護慰労金は、新たな高齢者福祉の財源に充てるものとする。
(7)転作事業:協議中
(8)清掃業務:協議中
(9)水道業務:協議中
(10)下水道業務:協議中

合併協定項目(23項目)の協議状況

◆合併の方式
◆合併の期日
◆新町の名称
◆新事務所の位置
◆財産の取扱い
◆議会議員の任期及び定数の取扱い
◇農業委員会の委員の任期及び定数の取扱い
◆地方税の取扱い
◆一般職の職員の身分の取扱い
◆特別職の職員の身分の取扱い
○条例、規則の取扱い
◆組織及び機構
◆一部事務組合等の取扱い
◆使用料、手数料等の取扱い
◆公共的団体等(補助団体含む)の取扱い
◆事業費補助金の取扱い
◆行政連絡機構の取扱い
◆町・字の区域及び名称の取扱い
◆国民健康保険事業の取扱い
◆消防団の取扱い
◆慣行の取扱い
◇各種事務の取扱い
◇新町建設計画

◆印:決定された事項 ◇印:一部決定もしくは協議中 ○印:未協議の事項

『水郷潮来・牛堀合併まちづくり計画(案)』

建設計画の概要
◎基本方針:計画の目標
「水辺などの自然を活かし、さまざまなふれあいのある、住民が豊かさを実感できる町」
まちづくりの方向
 (1)水辺などの自然環境と生活環境の調和のとれたまちづくり
 (2)交通の結節点である位置を活かした産業と交流のまちづくり
 (3)人々が仲良く、安心して暮らせる福祉のまちづくり
 (4)一人一人を大切にする教育・文化の薫るまちづくり
◎主要事業
○事業数 : 58事業
○概算事業費 : 約195億円(平成13~17年)
◎分野ごとの特徴

  1. 都市基盤の整備
    ・5本の幹線道路
     (1)県道竜ヶ崎潮来線バイパス
     (2)潮来佐原線前川から大賀延方線への延伸
     (3)県道大賀牛堀線
     (4)日の出地区町道の県道への振替
     (5)潮来駅江寺線と牛堀環状道路を結ぶ町道
    ・前川河川及び周辺整備 ・夜越川親水公園化事業
    ・市街地整備(牛堀公共用地跡地利用事業)
  2. 生活環境の整備
    ・ダイオキシン対策   ・水郷県民の森整備事業
  3. 教育・文化の振興
    ・牛堀統合小学校整備  ・潮来第二中学校整備
    ・前川運動公園整備   ・かすみの郷公園整備
  4. 保健・医療と福祉の充実
    ・子育て支援事業    ・介護保険への充分な対応
    ・町民健康づくり運動の展開
  5. 産業の振興
    ・潮来IC(インターチェンジ)周辺への流通産業や軽工業の立地
    ・「道の駅いたこ」整備 ・牛堀商業拠点整備
  6. コミュニティの推進
    ・牛堀地域振興基金によるイベント開催
  7. 行財政の効率化
    ・証明書自動交付機による窓口証明事務の拡大
    ・職員の定員適正化計画により効率化を図る
    ・庁舎統合のための庁舎建設

○主要事業
項目事業数事業費(平成13~17年)
(1)都市基盤の整備 14事業 54億円
(2)生活環境の整備 12事業 115億円
(3)教育・文化の振興 11事業 64億円
(4)保健・医療と福祉の充実 8事業 35億円
(5)産業の振興 7事業 11億円
(6)コミュニティの推進 2事業 1億円
(7)行財政の効率化 4事業 27億円
合計 58事業 307億円

○財政計画
年度歳入歳出
平成13年度 123億8,600万円 123億8,600万円
平成14年度 114億9,700万円 114億9,700万円
平成15年度 118億5,300万円 118億5,300万円
平成16年度 128億6,600万円 128億6,600万円
平成17年度 134億8,000万円 134億8,000万円
今後の作業スケジュール

『合併協定事項(案)』
  5月11日 合併協議会協議(第7回合併協議会)
『行政制度の調整方針(案)』
  5月11日 合併協議会協議(第7回合併協議会)
『水郷潮来・牛堀合併まちづくり計画(案)』
  5月11日 合併協議会協議(第7回合併協議会)
  両町庁議決定

※「用語解説」に表示される用語のご質問・ご要望は、ウェブリオまでお問合せください。

このページに関するお問い合わせは秘書政策課です。

潮来市役所 本庁舎 2階 〒311-2493 茨城県潮来市辻626

TEL 0299-63-1111(代) FAX 0299-80-1100(代)
メールでのお問い合わせはこちら