本文へ移動する
  1. ホーム
  2. くらし・市政
  3. くらし
  4. 手続・登録
  5. 高速バス定期券の購入費用を助成します。

くらし・市政

高速バス定期券の購入費用を助成します。   

平成29年度も引き続き高速バス定期券の購入費用を助成します

潮来市への定住や、UIJターンの促進を目的とし、鹿島神宮-東京駅間を運行する高速バスで通勤・通学される方を対象に、定期券購入費用のうち1月あたり最大20,000円を助成します。

【平成29年度の対象者】
次の①又は②に該当し、市外において雇用期間の定めのないフルタイム勤務をする人又は③に該当する人
※①から③のいずれも18歳以上の世帯全員に市税の滞納がないことが条件です。

①新規就労者
平成28年4月1日以降に新規に就労した人で、本市に在住し、就労した日から3年さかのぼった日の属する年度以降に大学、大学院、短期大学、高等専門学校、専修学校又は各種学校を卒業した人

②転入者
平成28年4月1日以降に本市に転入した人で、転入した日において50歳未満の人
(転入前の1年間、潮来市に住民票を置いていなかった人)

③通学者
本市に在住している人で、大学、大学院、短期大学、高等専門学校、高等学校、専修学校又は各種学校へ通学している人(高速バス運行会社の高速バス通学定期券販売対象者の要件と同様)

【助成額】
1月あたり20,000円(上限)
※定期券購入費から通勤手当等を差し引いた額が20,000円以上の場合は、20,000円を、20,000円未満の場合は、その額を助成します。

【助成期間】
平成31年度まで実施する予定です。

【申請方法】
○直接持参(市役所2F 秘書政策課)
○郵  送(市役所2F 秘書政策課)

【必要書類】※ページ下部の関連書類に「各様式」があります。

○新規就労者の方
①(様式第1号)潮来市高速バス通勤・通学定期券購入費助成金交付申請書【通勤 新規就労者】用
②住民票謄本の写し(申請費の1か月以内に発行されたもので続柄記載のもの)
③申請日現在において有効な高速バス定期券の写し(券面のコピー)
④卒業証明書等の写し(初回の申請に限ります)
⑤税情報に関する委任状(別紙1)(申請日現在18歳以上の世帯全員分)
就労及び通勤手当支給額証明書(別紙2)・・・会社の担当者に記入してもらってください。
⑦完納証明書(申請日現在18歳以上の世帯全員分)

○転入者の方
①(様式第1号)潮来市高速バス通勤・通学定期券購入費助成金交付申請書【通勤 転入者】用
②住民票謄本の写し(申請日の1か月以内に発行されたもの続柄記載のもの)
③戸籍の附票又は従前の住所地の住民票の除票
④申請日現在において有効な高速バス定期券の写し(券面のコピー)
⑤税情報閲覧に関する委任状(別紙1)申請日現在18歳以上の世帯全員分
⑥就労及び通勤手当支給額証明書(別紙2)・・・会社の担当者に記入してもらってください。
⑦完納証明書申請日現在18歳以上の世帯全員分

○通学者の方
①(様式第1号)潮来市高速バス通勤・通学定期券購入費助成金交付申請書【通学者】用
②住民票謄本の写し(申請日の1か月以内に発行されたもの続柄記載のもの)
③在学を証明する書類(生徒手帳又は学生手帳の写しでも可)
④申請日現在において有効な高速バス定期券の写し(券面のコピー)
税情報閲覧に関する委任状(別紙1)申請日現在18歳以上の世帯全員分
⑥完納証明書(申請日現在18歳以上の世帯全員分)

【申請開始日】
平成29年4月7日(金)から受付を開始します。

【申請期限】

○平成29年度に初めて申請される方
申請日現在において有効な定期券の利用開始日から3か月以内に申請してください。

○平成28年度から引き続き平成29年度も申請される方
4月28日(金)までに申請してください。

高速バス申請の流れ

 

【助成金の請求及び交付】
助成金の請求は、「定期券」の有効期間終了後から可能となります。
実績報告書(様式第3号)に、「使用済み(期限切れ)定期券」を添えて提出いただいた後、支給します。

【注意】
・「使用済み(期限切れ)定期券」については、更新の際などに助成金の申請時に必要である旨、定期券販売窓口で説明いただいたうえ、お持ち帰りください。

 

※「用語解説」に表示される用語のご質問・ご要望は、ウェブリオまでお問合せください。

このページに関するお問い合わせは秘書政策課です。

潮来市役所 本庁舎 2階 〒311-2493 茨城県潮来市辻626

TEL 0299-63-1111(代) FAX 0299-80-1100(代)
メールでのお問い合わせはこちら