本文へ移動する
  1. ホーム
  2. くらし・市政
  3. くらし
  4. 手続・登録
  5. 自動車臨時運行許可申請(仮ナンバー申請)受付

くらし

自動車臨時運行許可申請(仮ナンバー申請)受付   

 5月2日(月)から、自動車臨時運行許可申請(仮ナンバー申請)を市民課にて受け付けます。

自動車臨時運行許可申請とは?

 車検証の有効期限が切れた自動車などの運行要件を満たしていない車は、必要な手続きを受けないと
一般の道路を運行することができません。このような車が運行要件を満たすため、検査場へ一時的に運行
することを目的として特別に認められた制度です。5日を限度に必要最小限度の日数で仮ナンバーを貸出します。

臨時運行許可申請ができる車両

 普通自動車、小型自動車、軽自動車、大型特殊自動車、二輪自動車(250cc超のみ)

臨時運行を許可することのできる運行目的

・運輸支局等へ車両の検査・登録(新規登録・新規検査・車検切れ継続検査・予備検査等)に行く場合
・ナンバープレートの盗難等に伴う変更登録(ナンバーが盗難されたときは、警察署に盗難届をした際に発行される
 受理番号が必要となります。)
・整備工場へ(検査・登録を受けることを前提とした)車両整備・修理に行く場合
・自動車の製作者が自動車の性能を試験するために運行する場合
・自動車の制作・販売業者が販売または引渡しのために運行する場合

受付窓口

 運行初日に市民課窓口で申請してください。
 ただし、早朝からの使用等、当日では運行の時間に間に合わない場合は、前日に申請してください。
 受付時間は、平日8時30分から17時15分です。

申請に必要なもの

・自動車臨時運行許可申請書(市民課窓口にあります。)
・自動車検査証等の対象自動車を特定できるもの
  自動車検査証、限定自動車検査証、抹消登録証明書、自動車検査証返納証明書、通関証明書、
  完成検査終了証、メーカー発行の譲渡証明書又は制作証明書、その他自動車の同一性を確認できる書面
・自動車損害賠償責任保険証明書
 (臨時運行期間中有効なものに限る。コピー及び領収書は不可。保険の有効期間はその最終日の正午で保険が
  終了するため、最終日は車の移動日とすることはできません。)
・窓口に来られた方の本人確認書類(運転免許証)
  法人での申請は役職印(会社名と代表者の名前が一緒になっている印鑑)
・市内に住所のない方は市内に住所のある方の保証人届出書及び市内の方の本人確認書類(免許証など)が必要です。
・手数料:1件につき750円

自動車臨時運行の許可の対象とならないもの

 自動車臨時運行許可は、車両の運行が登録・車検を受けるためであることが前提となります。
 そのため、以下のような車両については仮ナンバーをお貸しすることはできません。
   ・車検のない250cc以下の二輪車・小型特殊自動車
   ・登録する意思のない車両(保有、展示を目的としたもの・一時的に使用する車等)

お貸しするもの

・臨時運行許可番号標(仮ナンバー)
  仮ナンバーは、自動車の全面及び後面の見やすい位置にボルト、ワイヤー等で脱落しないように取り付けてください。
・臨時運行許可証
  臨時運行許可証は、自動車の運転中、ダッシュボードなどの全面の見やすい位置に表示してください。

返却について

 貸出期間が終了したら、臨時運行許可番号標(仮ナンバー)と通行証を速やかに(5日以内)返却してください。

臨時運行許可番号標(仮ナンバー)を毀損または紛失、盗難にあった時

・窓口でのその旨の届出する必要があります。
・臨時運行許可番号標(仮ナンバー)を紛失や盗難にあった場合は、警察署に遺失物届もしくは盗難届をしてください。
 盗難届出等の受理番号が必要になります。
・臨時運行許可番号標(仮ナンバー)を紛失または返却しない場合は弁償金として、実費を支払う必要があります。


 

※「用語解説」に表示される用語のご質問・ご要望は、ウェブリオまでお問合せください。

このページに関するお問い合わせは市民課 市民Gです。

潮来市役所 本庁舎 1階 〒311-2493 茨城県潮来市辻626

TEL 0299-63-1111(代) (内線112~115) FAX 0299-62-4152
メールでのお問い合わせはこちら