本文へ移動する
  1. ホーム
  2. くらし・市政
  3. くらし
  4. 福祉
  5. 介護サービス利用料
  6. 利用料ってどうなっているの?

くらし

利用料ってどうなっているの?   

サービスの1割負担、入所系は「食費」「居住費」負担

介護保険からサービスを受けたときは、原則としてかかった費用の1割を負担します。
費用は、サービスごとに公定価格が定められています。施設に入った場合は「食費」と「居住費」という負担が別途必要です。
日帰りで通うサービスの場合には「食費」が別途必要です。
なお、地域支援事業については、市が独自に料金を設定します。
また、所得により負担額が異なります。

介護サービス利用料の流れ

※厚生労働省の示す平均的な費用です。

  • 食費・居住費の実際の負担額は、日額設定されます。
  • 施設によっては、日常生活費、特別な室料(特別な食費)がかかる場合があります。

在宅サービスの利用限度額

要介護度認定の目役支給限度基準額 
居宅サービス※費住宅用具
要支援1 障害のために生活機能の一部に若干の低下が認められ、介護予防サービスを提供すれば改善が見込まれる 4万9,700円 20万円
10万円/年
予防給付
要支援2 障害のために生活機能の一部に低下が認められ、介護予防サービスを提供すれば改善が見込まれる。 10万4,000円
要介護1 身の回りの世話に見守りや手助けが必要。
立ち上がり・歩行等で支えが必要
16万5,800円 介護給付
要介護2 身の回りの世話全般に手助けが必要。
立ち上がり・歩行等で支えが必要。
排泄や食事で見守りや手助けが必要。
19万4,800円
要介護3 身の回りの世話や立ち上がりが一人では出来ない。排泄等で全般的な介助が必要。 26万7,500円
要介護4 日常生活を営む機能がかなり低下しており、全面的な介助が必要な場合が多い。
問題行動や理解低下も。
30万6,000円
要介護5 日常生活を営む機能が著しく低下しており、全面的な介助が必要。
多くの問題行動や全般的な理解低下も。
35万8,300円

*要支援1や要支援2に該当した方には「予防中心のサービス」が提供されます。
手続きの流れや利用できるサービスが、要介護1~5とは異なりますので、注意が必要です。

※「用語解説」に表示される用語のご質問・ご要望は、ウェブリオまでお問合せください。

このページに関するお問い合わせは高齢福祉課 介護保険Gです。

〒311-2493 茨城県潮来市辻626

TEL 0299-63-1111(内線126~128) FAX 0299-63-3636
メールでのお問い合わせはこちら