本文へ移動する
  1. ホーム
  2. くらし・市政
  3. くらし
  4. 福祉
  5. 介護サービスの手続き
  6. サービスを受けるその前に「ケアプランの作成」

くらし

サービスを受けるその前に「ケアプランの作成」   

要介護または要支援と認定された方は、介護保険の各種サービスを利用できます。
利用にあたっては、利用者が希望するサービスを効率よく提供できるようにケアプランを立てることになっており、ケアプランは介護支援専門員(ケアマネージャー)に無償で作成してもらうことができます。
サービスの種類やサービス事業者については、利用者が自由に選べますが、介護保険によるサービスには要介護度ごとに上限金額が定められていて、それを超えて利用する場合は全額自己負担となります。
なお、ケアプランを自分で作成することもできますが、作成したケアプランを市区町村に届け出て、確認を受ける必要があります。

また、ケアプランを作成しないでサービスを受けると、サービス料金について、いったん全額を立て替えて、後日、介護保険から払い戻しを受けるようになりますので、注意が必要です。

ケアプラン作成を依頼
計画作成
事業者との契約

※「用語解説」に表示される用語のご質問・ご要望は、ウェブリオまでお問合せください。

このページに関するお問い合わせは高齢福祉課 介護保険Gです。

〒311-2493 茨城県潮来市辻626

TEL 0299-63-1111(内線126~128) FAX 0299-63-3636
メールでのお問い合わせはこちら