本文へ移動する
  1. ホーム
  2. 潮来市農業再生協議会水田フル活用ビジョンについてお知らせします

市政

潮来市農業再生協議会水田フル活用ビジョン

1 地域の作物作付の現状、地域が抱える課題

潮来市は、茨城県の東南部に位置し、霞ヶ浦・北浦・常陸利根川流域に囲まれた地域である。全耕地面積に占める水田の割合が約90%で、基盤整備率が90%と整備が進んでおり、土地利用型農業の生産性向上等をより一層進めていく必要がある。

水量に恵まれた地域の一方で、大部分が湿田であるため、水稲以外の作物の定着が困難な状態である。

また、農家の後継者不足に伴う高齢化が進んでおり、担い手農家の確保が課題となっている。

2 作物ごとの取組方針

市内の約1,920ha(不作付地を含む)の水田について、適地適作を基本として、産地交付金を有効に活用しながら、作物生産の維持・拡大を図る。

(1)主食用米

地域の特徴を活かして、環境に配慮した美味しい米づくりを徹底・実践することで、品質向上と米の産地として地位確立(ブランド化)を図っていく。

また、消費者・実需者のニーズに対応した、安心・安全な買ってもらえる米づくりの生産と販路拡大を目指す。

(2)非主食用米

ア 飼料用米

産地交付金を活用し作付の動向を見ながら、計画的な面積拡大を図る。

また、収穫に際し機械の損耗頻度が激しいことから、各種事業を導入し飼料用米に適した機材を整え、品質向上と飼料用米作付けへの誘導を図る。

イ 加工用米

水稲単作地域では加工用米の取組が適しており、安定した出荷量が見込めるため、産地交付金を活用しつつ生産拡大を推進する。

市内集荷業者や量販店等との情報交換・連携強化に努め、髙価格帯の品目(酒造用・加工米飯)に消費されるよう安定的に生産供給を目指す。

(3)麦、飼料作物

現行の麦団地化・ブロックローテーションを継続し、面積の拡大・団地化の推進に努め、連作障害・地力低下等にならぬ土作り、適期播種、収穫を実施し品質向上を目指す。

飼料作物は、隣接地域の畜産農家との推進及び自家利用としての取り組みを推進することにより需要先を確保し、飼料自給率向上につながる取り組みとして作付拡大を図る。

(4)野菜

茨城県青果物銘柄産地指定である当市の春菊をはじめ、きゅうり、トマト、なす、小松菜、ブロッコリー、いちご、その他野菜を振興品目として拡大を図る。

(5)花き・花木

カーネーション、しょうぶ、ばら、その他花き・花木を振興品目として拡大する。

(6)地力増進作物

ソルガム、れんげ、とうもろこし、クローバー、青刈り稲、すきこみ麦、すきこみ

大豆、その他地力増進作物を振興品目とし、当面は現行の栽培面積を維持することとする。

(7)景観形成作物

ひまわり、あやめ、れんげ、コスモス、菜の花、その他景観形成作物を振興品目とし、当面は現行の栽培面積を維持することで不作付地を抑制する。

(8)その他作物

茨城県青果物銘柄産地指定である当市のセリをはじめ、その他作物において水稲と組み合わせた輪作体系維持を図る。

(9)不作付地の解消

現行の不作付地(約124ha)について、加工用米・飼料用米・景観形成作物及び農地集積等で約1割(約12ha)の解消を図る。

3 作物ごとの作付予定面積

作物

平成25年度の作付面積

ha

平成26年度の作付予定面積

ha

平成28年度の目標作付面積

ha

主食用米

1684.8

1,678

1,672

飼料用米

0.68

2

5

米粉用米

0

0

0

WCS用稲

0

0

0

加工用米

130.5

145

159

備蓄米

0

0

0

13.9

15

16

大豆

0

0

0

飼料作物

0.67

1

1

そば

0

0

0

なたね

0

0

0

その他地域振興作物

83.89

72

72

・野菜等

・花き、花木

・地力増進

・景観形成

・その他

39.8

5,95

2.39

29.2

6.55

41

6

3

20

7

42

7

3

12

8

※「用語解説」に表示される用語のご質問・ご要望は、ウェブリオまでお問合せください。

このページに関するお問い合わせは産業観光課 農政Gです。

〒311-2493 茨城県潮来市辻626

TEL 0299-63-1111(代) FAX 0299-80-1100
メールでのお問い合わせはこちら