本文へ移動する
  1. ホーム
  2. くらし・市政
  3. 市政
  4. 指定管理者制度
  5. 指定管理者制度の概要

市政

指定管理者制度の概要   

指定管理者制度は、平成15年の地方自治法の一部改正によりできた新しい制度です。
これまでは「公の施設」の管理は、市が直接行うか、市の出資法人等の団体などに委託することが原則になっていました。

しかし、指定管理者制度の導入により、民間の事業者やNPO(非営利)法人などを含めた幅広い団体の中から、よりふさわしい施設の管理者(指定管理者)を指定することができるようになりました。

公の施設の管理という公共サービスに民間の能力を活用することで、市民サービスの向上と行政コストの縮減を図りつつ、その活用により地域の振興と活性化、さらには行財政改革の推進につながることが期待されています。

潮来市では、平成18年4月から、一部施設において指定管理者制度を導入しました。
現在、市が直営で管理している施設についても、検討し必要に応じて指定管理者制度の導入を図ります。

※「用語解説」に表示される用語のご質問・ご要望は、ウェブリオまでお問合せください。

このページに関するお問い合わせは総務課です。

潮来市役所 本庁舎 2階 〒311-2493 茨城県潮来市辻626

TEL 0299-63-1111(代) FAX 0299-80-1100(代)
メールでのお問い合わせはこちら