本文へ移動する
  1. ホーム
  2. くらし・市政
  3. くらし
  4. 福祉
  5. 児童福祉
  6. 手続きの方法
  7. 手続きの方法
  8. 届出の内容が変わったとき

くらし

届出の内容が変わったとき   

他の市区町村に住所が変わるとき

  • 他の市区町村に住所が変わる場合には、潮来市での児童手当等の受給資格が消滅します。
  • 転出後の市区町村で手当を受けるためには、新たに「認定請求書」の提出が必要となります。
  • 手続きが遅れますと、遅れた月分の手当が受けられなくなりますので、ご注意ください。
  • また、転出後の市区町村での手続きに、前住所地の市区町村長が発行する児童手当用所得証明書が必要となりますので、転出の際にご準備下さい。

児童手当等の額が増額されるとき

  • 現在、児童手当等を受けている方が、出生などにより支給対象となる児童が増えたときには、「額改定認定請求書」の提出が必要です。
  • この場合、額改定認定請求をした日の属する月の翌月分から児童手当等の額が増額されますので、手続きが遅れないようご注意下さい。
  • なお、3歳到達により児童手当又は特例給付から小学校修了前特例給付に切り替わる場合には、「額改定認定請求書」の提出の必要はありません。

児童手当等の支給が終わるとき

  • 現在、児童手当等の支給対象となっている児童のすべてが年齢要件に該当しなくなった場合(3月31日の到来により支給対象となる期間を終えた場合)や児童を養育しなくなったことなどにより、支給の対象となる児童がいなくなったときには、「受給事由消滅届」を提出してください。
  • なお、3歳到達により児童手当又は特例給付から小学校修了前特例給付に切り替わる場合には、「受給事由消滅届」の提出の必要はありません。

法附則第6条給付又は法附則第8条給付受給者の方が退職したとき

  • 法附則第6条給付又は法附則第8条給付の受給者が退職して被用者(サラリーマン等)でなくなった場合には、所得制限により手当が受けられなくなりますので、「受給事由消滅届」を提出してください。

受給者の方が公務員になったとき

  • 公務員の場合は、勤務先から児童手当等が支給されることとなりますので、潮来市福祉事務所に「受給事由消滅届」を提出するとともに、勤務先に「認定請求書」の提出が必要となります。

養育している児童の住所が変わったとき

  • 「住所変更届」を提出してください。

受給者の方又は養育している児童の名前が変わったとき

  • 「氏名変更届」を提出してください。

※「用語解説」に表示される用語のご質問・ご要望は、ウェブリオまでお問合せください。

このページに関するお問い合わせは子育て支援課 子育て支援Gです。

福祉事務所(潮来市役所 1階) 〒311-2493 茨城県潮来市辻626

TEL 0299-63-1111(代) FAX 0299-80-1410
メールでのお問い合わせはこちら