本文へ移動する

娘船頭さん   

解説

櫓をあやつる娘船頭櫓をあやつる娘船頭

この水郷地方に住む人々は、サッパ舟を竹竿や櫓であやつり
川幅の広い河川や縦横に張りめぐらされた水路(江間)を利用しながら
水と親しみ水と共に生きてきました。

ふるく水郷地帯では、産業らしきものがなく、住民の収入も乏しかったことから、
地元の若い娘の収入源として、サッパ舟をあやつり観光客を案内したところ、
観光客に好評を博したことから“娘船頭”として知られるようになりました。

昭和30年3月には、水郷潮来で美空ひばりさんが主演した「娘船頭さん」のロケーションが
水郷潮来で行われたのをきっかけに、その名が全国的に知られるようになりました。

※「用語解説」に表示される用語のご質問・ご要望は、ウェブリオまでお問合せください。

このページに関するお問い合わせは産業観光課です。

潮来市役所 本庁舎2階 〒311-2493 茨城県潮来市辻626

TEL 0299-63-1111(代) FAX 0299-80-1100
メールでのお問い合わせはこちら

イベントカレンダー

2 0 1 8

Jan

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

交通アクセス