本文へ移動する

上戸の獅子舞   

概要

三体の獅子舞が舞う様子
三体の獅子舞が舞う様子

開催 11月23日
場所 国神神社(潮来市上戸1551)
主催 台上戸地区 フォトギャラリー
お問合せ 潮来市産業観光課: 0299-63-1111
詳細地図へ

解説

上戸の獅子舞(うわどのししまい)は、
毎年11月23日に国神神社の例祭で五穀豊穣を願って奉納されます。

国神神社は嘉歴元年(1326年)大洗磯前神社のお分霊を迎えて鎮斎、
応永2年(1395年)氏子が雄獅子、雌獅子、中獅子の三体を寄進したことから始まり、
笛、太鼓、舞手、天狗、おかめ、ひょっとこから組み立てられ奉納されています。
獅子舞保存会が代々地区の嫡男によって運営され、この伝承が継承されています。
この獅子舞は、県内では猿島郡堺町、久慈郡大子町にだけ伝わる貴重なものです。
舞は、巫女舞を最初にし、天狗の道割、芝寄せから雌獅子、中獅子、雄獅子の舞、
最後に激しく乱舞し、ひょっとことおかめの掛け合いという順で終わります。

この獅子頭は、応永2年(1395年)に氏子が三体の獅子を寄進し、社宝になったと伝えられ、
また、元禄3年(1690年)に水戸藩主水戸光圀が、旧暦卯の日に奉納することを定めたと言います。

関連情報

  • 潮来市の文化財
  • 茨城県指定文化財(無形民俗) 昭和43年3月28日指定
  • 国神神社(くにがみじんじゃ)
    ・創建:南北朝時代と伝えられる
    ・祭神:大己貴命(おおむなちのみこと)と少名彦名命(すくなひこなのみこと)

※「用語解説」に表示される用語のご質問・ご要望は、ウェブリオまでお問合せください。

このページに関するお問い合わせは産業観光課です。

潮来市役所 本庁舎2階 〒311-2493 茨城県潮来市辻626

TEL 0299-63-1111(代) FAX 0299-80-1100
メールでのお問い合わせはこちら

イベントカレンダー

2 0 1 7

Nov

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

交通アクセス