本文へ移動する
  1. ホーム
  2. くらし・市政
  3. くらし
  4. 福祉
  5. 母子家庭・寡婦福祉
  6. 寡婦
  7. 資金の融資

くらし

資金の融資   

寡婦の方及び40歳以上の配偶者のいない女性の方を対象として無利子又は定理の融資制度があります。
この融資は、保証人を一人立てていただければ、物的担保を必要としていません。

貸付金の種類貸付金の内容貸付金の限度額償還期限利子
事業開始資金 事業をはじめるのに必要な費用
(店の設備、機械や材料、商品の購入等)
個人 2,830,000円
団体 4,260,000円
7年 無利子
事業継続資金 現在営んでいる事業を継続する費用
(商品、材料購入、店の改造、拡張等)
個人 1,420,000円
団体 1,420,000円
7年 無利子
修学資金 20歳未満の児童が高校、大学等で修学する費用(授業料等)(国公立、私立、及び学年等により金額が異なります。) 高校    18,000~35,000円
高専    21,000~59,000円
短大    44,000~60,000円
大学    42,000~64,000円
専修学校 18,000~59,000円
20年 無利子
技能習得資金 事業を始めたり、又は就職するために必要な知識技能を修得するための費用 (月額)50,000円
自動車運転460,000円
免許の取得
10年 無利子
修業資金 20歳未満の児童が事業を始めたり就職するために必要な知識技能を修得するのに必要な費用(授業料等) (月額)50,000円
自動車運転460,000円
免許の取得
(高3在学で就職希望の者)
6年 無利子
就職支度資金 母、20歳未満の児童が就職するのに直接必要な費用(被服費等) 100,000円
(特別)320,000円
6年 無利子
医療介護資金 1年以内の医療又は、介護保険法に規定する保険給付に係るサービスを受けるのに必要な費用 340,000円
(特別)480,000円
(介護)500,000円
5年 無利子
生活資金 (1)技能習得期間中
(2)医療介護資金を受けている間の生活費
(3)母子家庭になって7年までのものに対して生活費を補給する費用
(4)失業して1年以内の生活費
(月額)103,000円
(技能)141,000円
母が生計中心者でないとき69,000円
(3)の場合、合計240万円を限度
(1)のとき10年
(2)のとき5年
(3)のとき8年
(4)のとき5年
(1)、(2)の場合:年3%
(3)において月額2万円。
合計48万円までの貸付けの場合は無利子
住宅資金 住宅の補修、改築、増築又は保全の費用 1回につき1,500,000円
(特別)2,000,000円
6年
特別は7年
年3%
転宅資金 住宅を移転するために必要な住宅の賃借に必要な費用(敷金等) 1回につき260,000円 3年 年3%
就学支度資金 20歳未満の児童が小・中・高校、大学等及び修業施設に入学、入所するのに必要な費用(被服費等) 39,500円~590,000円
小・中・高校・大学により金額が違います。
修業5年
就学20年
無利子
結婚資金 20歳未満の児童の婚姻に際し必要な経費 300,000円 5年 年3%
特例児童扶養資金 平成14年7月に児童扶養手当の受給者で、貸付申請の際の児童扶養手当の額が平成14年7月分未満の受給者が、児童の扶養全般に必要な費用 平成14年7月の児童扶養手当の額から、貸付け申請の際の児童扶養手当の額を差し引いた額 10年 無利子
相談窓口

福祉事務所社会福祉課〈本庁1F〉電話: 0299-63-1111

※「用語解説」に表示される用語のご質問・ご要望は、ウェブリオまでお問合せください。

このページに関するお問い合わせは社会福祉課です。

福祉事務所(潮来市役所 1階) 〒311-2493 茨城県潮来市辻626

TEL 0299-63-1111(代) FAX 0299-80-1410
メールでのお問い合わせはこちら