本文へ移動する
  1. ホーム
  2. くらし・市政
  3. くらし
  4. 福祉
  5. 母子家庭・寡婦福祉
  6. 母子家庭
  7. 各種制度・事業等

くらし

各種制度・事業等   

県や潮来市では、寡婦のみなさんが安心して生活できるよう、次のようなことを行っています。

母子家庭介護人制度

母子世帯の方が就職活動などの自立促進のため、または疾病などの社会的理由により、一時的に介護や保育のサービスが必要な場合に介護人の派遣を受けられる介護人制度がご利用いただけます。
介護は一日又は、半日単位で受けられます。また、費用は利用者の所得が、一定以上のときを除いて無料となっています。

子育て支援短期利用事業

母子家庭のお母さんが病気や仕事の理由で、お子さんの養育が一時的に困難になった場合に施設や里親でお子さんをお預かりします。また費用は利用者の所得に応じて負担していただきます。

たばこの小売販売業の許可

母子家庭の方が、たばこの販売業の許可を申請しますと、許可の基準の範囲内で許可を受けることができます。

雇用の促進

公共職業安定所では、就職についての相談指導を行い、みなさんにふさわしい職業紹介につとめています。
また、必要に応じて公共職業訓練のあっせんも行っています。

鉄道(JR)定期券の割り引き

児童扶養手当を受けている母子家庭のお母さんやお子さんなどが、通勤定期乗車券を購入する場合は、3割引となります。
定期券の購入証明書は潮来市で発行していますので、潮来市福祉事務所にお問合せください。

自立促進講習会

母子家庭や寡婦のみなさんが有利に就職できるよう、必要な知識技能の講習会を母子寡婦福祉センターで開催しています。
《講習科目》パソコン・訪問介護員(2級)

親子すこやか交流事業

母子家庭、父子家庭等を対象にキャンプ又はレクリエーション等を行方郡単位の母子寡婦福祉会で実施します。

※「用語解説」に表示される用語のご質問・ご要望は、ウェブリオまでお問合せください。

このページに関するお問い合わせは子育て支援課 子育て支援Gです。

福祉事務所(潮来市役所 1階) 〒311-2493 茨城県潮来市辻626

TEL 0299-63-1111(代) FAX 0299-80-1410
メールでのお問い合わせはこちら