本文へ移動する
  1. ホーム
  2. くらし・市政
  3. 健康・福祉
  4. くらし
  5. FAQ ~よくある質問集~ くらし

くらし

FAQ ~よくある質問集~ くらし

健康・福祉

65歳以上の介護保険料が国保に含まれていた時より高額になりました。なぜですか?
質問
65歳以上の介護保険料が国保に含まれていた時より高額になりました。なぜですか?
回答

 40歳から64歳までの健康保険に含まれる介護保険分は、会社での健康保険のルールに基づき、会社での月額報酬等から割り出し、健康保険料と同じく会社が一部負担します。国保の介護保険分もこれに合わせるため、国が一部負担しています。

 65歳以上の介護保険料は、世帯の市民税課税状況やご本人の合計所得(年金、給与などによる合計所得)等に基づき所得段階別に賦課します。また、会社や国による補助分がないため、一般には、健康保険に含まれる介護保険分の、約倍額程度に上がることになります。(あくまでも、全体の平均額の目安で、実際には個人の収入状況等により差があります。)

 また、年度(4月から翌年3月)の途中で65歳になった方や転入された方は、少ない納期数でのお支払いとなるため、1回あたりの保険料が高額になりがちです。

関連リンク
潮来市ホームページ「介護保険

※「用語解説」に表示される用語のご質問・ご要望は、ウェブリオまでお問合せください。

このページに関するお問い合わせは高齢福祉課です。

〒311-2493 茨城県潮来市辻626

TEL 0299-63-1111 FAX 0299-63-3636
メールでのお問い合わせはこちら